かたやGX7はどうだ

7-14という超広角の相棒を手に入れて、俄然活用度も上がったGX7。高感度やダイナミックレンジといった小さなセンサーゆえの悩みは抱えるが、深度も深く建築写真を撮るには丁度よい。第一、暗くても絞り込まなくても良いのだから、この組み合わせこそ仕事には適しているかもしれない。そう思ってα900と決別する決心がついた、、、はずだった。今回はD600とGX7の2台体制で竣工写真を撮っている。少々せわしない気もするけど、これも...

仕事でD600を使ってみた

FXフォーマットとなって初の仕事撮影。少し前から多少は使っていたものの本格的に使用したのは初めて。レンズはSIGMAの12-24、OLDタイプ。α900では同レンズのNEWタイプを使っていたので、少しだけ馴染みがあると言った感じ。解像感はNEWタイプに歩があるけど、こと歪曲に関してはOLDタイプに適うものは無い。実際に使ってみても「まぁこんなものかな」というのが正直なところ。もう少し解像度があってパリッと行きたいところだけど...

新年会

昨年末、京都の造り酒屋にお勤めHiroshiさんから干支のボトルに詰められた新年酒を頂きました。お酒の飲めない子供たちにも目で楽しんでほしいという温かい気づかいで送って頂いたお酒。私自身も摂取量を控えているため、多くは楽しめない。ならばと言うことで週末にあった町内の新年会へ持参しました。若者から中年男性の集まりの中、皆さん珍しいボトルに興味深々。飲のんべぇの親父たちは口々に一杯くれの大合唱。私にも丁度よ...

この週末

寒気が緩み暖かくなりそう。おまけに曇天とはいえ晴れ間もありそうだとか。日常生活としては嬉しいのだけど、ゲレンデの雪室は最悪だろうな。。。[#IMAGE|S39#]どのみち今週は滑りに行けないのだけど。...

メェ~

D600、忙しさを理由に最近出動していません。今週末あたり仕事で出動予定ですが、さて上手く操作できるか。。。不安です[#IMAGE|S8#]...

大阪港にて

不動産バブルの終焉を迎えた折、この建物は世間にお披露目されました。某社の創業90周年事業を祈念し、美術館として開設されました。設計は飛ぶ鳥を落とす勢いの地元建築家。世の中が沈んだ空気に変わりつつあるのに、これはまた凄いもんを造ったな。。。というのが当時の感想です。オープニングに開催された設計者の個展では氏自らが会場を訪れ、学生に「えぇやろ。」とコメントを求める始末。隣に建つ水族館に対しては「あんな景...

晴天の日(広角編)

広角レンズでも撮ってみました。海も山も何倍も広く見えます。そして新港大橋のスケール感もなかなかのもの。これで外が暖かければ一日過ごせそうです[#IMAGE|S4#]...

冬のご褒美

鉛色の空と言われるほど曇天続きの北陸ですが、晴天に恵まれると絶景に出会うことが出来ます。海越しに見る3,000m級の山々は雄大で、特に分刻みで表情を変える夕暮れ時の景色は素晴らしいの一言。晴れが少ない土地柄、貴重な一日ですね[#IMAGE|S4#]...

SUMMILUX

とにかく良く写る。おかげで神レンズと言われた20/1.7も出番が無い。それはGX7とSUMMILUXのバランスが良いことからくるのだけども、とにかくお気に入り。4/3のSUMMILUXは更によい写りをするのだから、規格が消滅するのは勿体ない話だ。望遠レンズをあまり使わないので7-14と2本あれば、ほぼ満足できそう。少し在庫整理を考えようか。。。[#IMAGE|S39#]...