古い写真から

PanasonicのLC5。
発売されてから、もう10年近くになろうとしています。
有効画素390万画素、1/1.76型CCDに
LEICA DC VARIO-SUMMICRONレンズ。
当時は高価だったこのカメラも、今では二束三文。

そもそもの購入理由はL1とバッテリーが共用でき、
バッテリー単体を買うよりも安いという安易な理由。
でも写りは期待以上で、ご覧のような描写です。
スローな動作はDP1sも同じだし、大きさはGF1程。
バッテリーの持ちが悪いのが唯一の問題点。
でも、とてもお気に入りのカメラであります。
(こういう感情は断捨離の敵か・・・w)
そして気付けば身の回りにはパナライカ製品の山。
どうも、してやられてますなぁ。。。[#IMAGE|S37#]

コメント

No title

>Robertoさん

クールピクスも良いカメラですね。

現在発売中のP7000の絵はとても魅力的です!



クラカメで満足している人は、きっとフィルムの描写が好きな人種なんだと思います。

それもあってか、新しい機種の魅力は高感度対応くらいに思えるのです(^^;

2011/06/13 (Mon) 17:12 | smart-time #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する