図工

長女の小学校の文化祭にて。
彼女たちが展示していたのは自作のコリントゲーム。
図工の時間に製作したものなのだが、
私たちの子供の頃と大きく異なるのは、
「それ」用のプラパーツが与えられていること。
だから図柄と絵付け、ピンの打ち方が違うだけ。
良くいえば、みな平均点以上の出来で、
どうしても面白み(想像力)に欠けるように感じる。
だから長女が持ち帰る図工の作品を見ては、
いつも「なんだかなぁ~」と思ってしまう。

もっとも、写真の次女は純粋に
「かわいい」とか「面白い」と感じているみたい[#IMAGE|S26#]





コメント

No title

確かに、昔を思うとちょっと味気ない気もしますね。

でもそれが現代なのでしょう。

工作で怪我をさせるより、学校も安心なのでしょうね。

我が家の子供の時代はまだ作っていたかな。

ところで、しばらくブログをお休みすることにしました。

不定期で気ままに更新する予定ですので、

たまに覗いてみてくださいね。

これからも、よろしくお願いします。。。

2011/10/27 (Thu) 22:57 | smart_smile #79D/WHSg | URL | 編集
No title

>smileさん

現代的な教育だなと、つくづく感じます。



ブログの休載は残念ですが、不定期更新を楽しみにしてますね(^^

2011/10/28 (Fri) 20:11 | smart-time #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する