今回の研修は旅と言っても過言でないような移動でした。
富山~越後湯沢までは「はくたか」、越後湯沢~東京までが「とき」、
そして東京~熱海までが「こだま」の5時間弱の行程。
そして帰路は熱海~名古屋まで「こだま」、名古屋~米原までが「ひかり」、
米原~金沢までが「しらさぎ」、そして金沢~富山が「はくたか」の乗り継ぎ。
なんと5時間45分の大移動。
ちなみに写真は名古屋駅で乗り継いだ際に撮影したもの。
700系のこだま号。

なんでこんな移動をしたのか。
それは本州をぐるっと回りたかったから。
雪の無い地を立ち、大雪の新潟県内を通って東京へ向かいました。
つかれきった研修の後は暖かい西廻りが良いじゃない!なんて単純な理由。
目論見通り、雪は無かったけど、時間は長かった[#IMAGE|S8#]

たまにはこんな旅もいいかな・・・ということにしておきます[#IMAGE|S4#]



コメント

No title

こんにちは

わりと近くにまでいらしていたんですね。

富山と神奈川では距離にしたらたいしたことはないのに、

お天気は大きく違いますね。

敢えて「復路を往路とは違うルートで」という気持ちはとてもわかります。

これは日々の移動にも云えること。

自分で気分を変えていかなくってはいけませんです。ハイ!

たとえ大幅に時間がかかったとしても。

そうです、たまに、だから楽しめるんですよね。

2013/03/09 (Sat) 17:02 | pat_mthny7205 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

>shigy65さん

こんにちは。

近くの方で出没していましたw

普段は長距離でも車移動ばかりなので、偶に乗る列車はそれなりに新鮮でした。

一番驚いたのは700系がこだまに格下げになっていたことです。

昔乗った頃はのぞみだったに・・・。

少しだけ浦島太郎な気分でした。

2013/03/11 (Mon) 20:48 | smart-time #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する