解体

いつもだったら、解体後に新築なんだけど、
今回は新築後の解体。
手順が違うだけで、随分と気分が違う。

解体が先の場合は、それまでの想いや何や
重荷を背負ったような気分。
そして堪らないほどの切なさを感じます。

けれども新築が先だと、喜びで
頭が新しい住まいへ向いている分だけ
幾分緩和されるようです。

いずれにしても思い出深いシーンですけどね。





コメント

No title

smart-timeさん おはようございます

解体されている現場に出くわすとまさに仰る通り切ない気分になります

よその家にもかかわらずそのような思いになるのはおかしいのかと思っていましたがちょっと安心しました

新築後だと幾分か緩和されるのはありがたいですね

因みに外から家の中を見たとき、

また更にその奥の窓から先にある空や風景が見えるのも切なくなります

そのような物件の多くが空き家に多いからなのだと思いますが・・・

「家」って不思議です

2015/07/21 (Tue) 07:54 | pat_mthny7205 #79D/WHSg | URL | 編集
No title

>pat_mthny7205さん

こんにちは。

この解体中の家屋の住人は知っている方なので感情移入がしやすいのですが、

確かに通りがかりで見る解体中の家屋ですら、なんだか切ない気分になります。

それはその家屋の中の見えない記憶のようなものを創造するからでしょうか。

私の廻りでも空き家が増えてきました。

自分の年齢が増すとともに、放置されている住まいを見ることも辛く思えるようになってきたのも不思議なことです。

それだけ周辺に目が行くようになったといえば聞こえが良いのですが、

自分の人生に映し替えているとしたら・・・これまた切ない(^^;

2015/07/21 (Tue) 17:54 | smart-time #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する