renewal

15622198_1830802627189609_6286049414982118313_n.jpg
家を建てたとき、浴槽だけは実家のお下がりでした。
予算が厳しかったこと、直前に解体した実家の浴槽は改修した手だったので、
まだ新しかったことから、深く考えることなく利用することになりました。
それでも2年は経っていましたし、何より奥さんには少し不満だったようです。
今年の夏頃に2階にある浴室の防水層が切れていることが判明し、
15年目ということもあり浴室改修することにしました。
ちなみに浴室の下は外部なので被害もそうないのですが、
放置するわけにも行かないので、これを気に浴槽を交換することにしました。
ついでにタイル貼りの床や壁もFRPの防水に変え、
メンテナンスも容易になるように改修します。
工事が始まってから3週間ほどのお風呂難民生活も無事終わり、
今は入りたい時間にゆっくり入浴することができます。
でも今思えば、お風呂難民も面白かったですけどね。


コメント

ハイカラなバスルームですね!

にしてもこの時期に風呂難民とは大変でしたね。私も実家住まいの頃に体験しましたが、
あの頃は真夏時期でしたので帰り道に汗をかいてしまって良いやら悪いやら(^^;
今ではいい思い出です。
皆様にも良き思い出になりますように!

2016/12/30 (Fri) 21:27 | Hiroshi #kEUqdPD. | URL | 編集
No title

> Hiroshiさん
あけましておめでとうございます。

せっかく作るのであればユニットバスじゃないものをと考えた結果こうなりました。
家の中で一番単価がかかっているかもしれませんw
お風呂難民生活も振り返れば結構楽しい思い出となりました。
この記憶が子供たちに残ってくれることを期待してますが、さてどうなることやら。

Hiroshiさんにとって良い一年となりますこと、祈願しております。

2017/01/02 (Mon) 10:41 | smart-time #F5GdLaOg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する