3.11 仙台

震災から6年後、まだまだ復興途中の仙台。
運良く流されなかった住宅が残り、歯抜けとなった野蒜のまち。津波に流された住まい手は、自分の土地に建設することを許されず、URによって高台に造られた海の見えない町、しかもハウスメーカーの展示場のような町に住まなくてはいけない。
P1050138.jpg

こんな悲劇が起こらないようにと国が造る巨大防潮堤。岩手~宮城~福島と続く延長400kmにも及ぶ壁は飛行機からも白い線となって目視できるくらいだという。どこかの国の国境線かどこかの惑星のコロニーの領界にしかみえない。だって防潮堤の向こうは漂流物のゴミだらけだもの。P1050168.jpg P1050165.jpg 近くに見えた地元の建築家たちが考える千年希望の丘や緑の防潮堤の方が正しい未来にとつながるはず。こんな想いを共有して下さる方が増えるといいなと思い記事に残します。

P1050172.jpg P1050173.jpg 次にどこかで津波の被害が出たら、同じように防潮堤を造られ、日本中が防潮堤の海岸線になるなんて考えたくもない。沖縄だって例外ではなく。 。。
人間らしい暮らしを守るためのお金の使い方、みんなで考えようよ。


コメント

No title

おはようございます。
そういえば、以前の投稿で仙台に行かれると言ってましたね。
仙台空港が見えましたので、南の地域ですか。
この北に行きますと荒浜があります。
妻の実家から車で5分くらいです。
その地域は、仙台市民憩いの海水浴場でした。
今は、その面影もなく住宅は建てられなくなりました。
確かに、300名弱の方々が亡くなられたわけですが
写真を見る限り、こういう状態が現実なのです。
本当に、お金の掛け方が全然違う方を向いていて
悲しい限りです。
安倍さんの、記者発表も今回から無くなるそうです。
勝手に忘れないでほしいです。

2017/03/14 (Tue) 08:55 | 3383jiji #GYnFN4Ng | URL | 編集
No title

> 3383jijiさん
こんにちは。初日はメディアテークのセミナーに参加し、少し離れていますが秋保温泉にて宿泊しました。
2日目は奥松島から岩沼まで復興状況の視察です。
6年間にある程度進んでいる復興状況と、不自由なかたちの復興のギャップを垣間見て
空虚感というか寂しさがこみ上げてきました。
それでも同行していただいた仙台の方々の温かさにかなり救われましたけど。
3383jijiさんの「勝手に忘れないでほしい」の想いは、
私の阪神淡路の震災に対する想いと同じです。
助け合いの精神をもって、向き合いたいと改めて思いました。

2017/03/14 (Tue) 18:14 | smart-time #F5GdLaOg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する