改元

P1070988.jpg
「新しい元号は『令和』であります。」

かつて新元号が「平成」と発表されたときの違和感を今でも覚えているだけに、
それ以上の違和感を感じることもなく、粛々と受け止めるばかり。
新しい元号は・・・と無駄な予想もしなかったので、喜びや落胆もなく。

それでも多少の違和感とともに二日目の朝を迎えたのだけど、
昨晩から降った雪が薄っすら積もった風景は4月とは思えず、
この違和感具合が新元号の発表と妙にシンクロしている。
4月の雪も昼になれば見慣れたもので、「令和」の音感にも直ぐになれることでしょう。

明日も少し寒いようだが、明後日からは本格的に春模様。
各地で行われる入学式とともに桜の開花が楽しみですね。
※既に気象庁の開花宣言は出ています

コメント

No title

smart-timeさん こんにちは
一日の発表についてはさほど何かを感じることもなく今日まできましたが、
季節外れの降雪が訪れた(?)画像をみたらすこし考えさせられました。

平坦でも上り坂でもてっぺんでもなくあきらかに下り坂なんですよねぇ・・・
「自分の居るところ」なんですが妙にそう思えて仕方ありません。

もちろんひとそれぞれなのでしょうが、
下りきった先が平坦で長かったりしたらいいんですけどね。

なんか良くわからないコメントでしつれいしました 笑

2019/04/06 (Sat) 23:11 | pat_mthny7205 #- | URL | 編集
Re: No title

>pat_mthny7205さん

こんにちは。
令和になるまで、もう少し猶予があるし、それまでに慣れたらいいな。。。
と思っていたら、先日、工事現場に掲げられた看板の工事期間の表示欄を見て、
既に「令和」となっていました。
自分が思っている以上に廻りのスピードは速いですね(苦笑

下り坂の件、いろんなことに当てはまるかと思いますが、
個人的には下った分だけ登りがあると考えるようにしています。
「勝って兜の緒を締めよ」という故事もありますし、
とはいえ平坦な道だけというのもつまらないですし。
暖かい季節になると運動のためと時々自転車に乗っていますが、
一番多いのは行は登り帰りは下りのルートです。
これが逆だと結構、しんどいです。
pat_mthny7205さんのところは下り坂とぴうことですから、
その先は登坂かも、しれません。
でも、その先に素敵な景色が開けてますよ、きっと。

2019/04/08 (Mon) 18:18 | smart-time #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する