帰還

DSCF8804.jpg
大型連休中のレスキュー騒ぎからおよそ3週間。
ようやくスマさんが帰ってきました。

動けなくなった原因はベルトが外れてエンジンが始動できなくなったことですが、
根本となる下人はクランクシャフト・プーリの破損。
複数のベルト交換に、エンジンマウントの交換などを行い、
元気よく戻ってきました。
こころなしか、エンジン回りの振動も抑えられカッチリした感じがします。
そして以前から発生していたオイル漏れも無くなったように思いますが、
この辺はしばらく観察してみようと思います。

スマさんのいない間は代車のAクラスに加え、近場などは自転車を使った生活をしてきました。
おかげで冬の間に体力が落ちていることを痛感させられています。
自分の体の方も少しずつ上げていかないとねと思うこの頃です。

コメント

No title

smart-timeさん こんばんは
頼りになる右腕が帰ってきたとの文面からうれしさが伝わってきます。
ゴムひとつ取り替えた影響はドライバーの感覚に訴えてきます
エンジン内部の調整もなされていると思われるのでこれでまた長い時間を共に過ごせますね。
それにしてもこの車がここまで生産され続けるとは正直想定外でした。
でも反対にその結果はわかるような気がします。
いちどその魅力に嵌まると抜け出せなくなる乗り物。
smart-timeさんがうらやましい・・・

2019/05/28 (Tue) 23:51 | pat_mthny7205 #- | URL | 編集
No title

>pat_mthny7205さん
こんにちは。
お察しの通り、長いこと離れて初めて気付くありがたみというか、
自分でも驚くほど手足のように付き合ってきたことを感じています。
そして、戻ってきたスマさんのアクセルを踏んだ際に
以前より剛性が増していると感じられることに驚いています。
時間の経過とともに車は緩くなって行くものと知りつつも
肌で感じたのもこれまでに無い経験です。
以前の記事でも書きましたが、現行型のsmartの生産は間もなく終了し、
次世代は電気自動車となることが発表されています。
今のところハイブリッドを含めて電気自動車に乗る予定がないので
今後どれだけ乗れるのか、どのように移行していくのかなどが懸案ですが、
それはその時期が来るまで、頭の片隅に置いて今を楽しもうと思います。

2019/05/31 (Fri) 18:43 | smart-time #F5GdLaOg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する