Living Art in OYAMA 2008

旧制「大山町」、現在は「富山市」。
ここでは合併前から「木の文化」を見直す取り組みが行なわれています。
家具デザイナーの小泉誠さんと、建築家の広谷純弘さんなどの仕掛け人が全国の小学生や大学生、地元の造形作家さんたち(ガラス・木工など)を巻き込んでの一大イベントとなっております。


そして今回は新しい地区センターのお披露目も兼ねてのイベントとなりました。

雨の日の逆光撮影。。。難しい[#IMAGE|S7#]
SDカードも忘れて、カメラのハードに保存。
でも撮影枚数が限られているし、相当凹みました[#IMAGE|S28#]
青いバケツも。。。[#IMAGE|S57#]

こちらは小学生のスケットをもとに大学生が作った作品。
なんとも温かみのあるサイコロです。


こちらは木の端材で遊ぶ。。。というコーナー。
うちのチビたちも楽しそうに積み木遊びをしてました。


そして最後に家族揃ってネックレスの製作を楽しみました。
こちらは左から私、長女、次女の作品。
丸い穴は私のアイデア[#IMAGE|S38#]
勿論2歳の次女のはお母さんがお手伝い[#IMAGE|S37#]

ちなみに小泉誠さんに木っ端を切って頂きました[#IMAGE|S4#]


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する