葛西臨海水族園

オープンしてすぐの頃の売りは、巨大水槽をグルグル廻る大量のマグロたちでした。
それが今では個体も減り、グルグル廻ることもなく、いささか大きくなった体を左右にくねらせ狭そうに左右に行ったり来たり。


そして「少なくなった個体はどうなったんだ。。。刺身?」
などとくだらない妄想も一緒に駆け巡るのでした[#IMAGE|S40#]

外気温も下がり、ペンギンたちは本当に居心地よさそうに泳いでました。
青い空に透き通った水の色。。。まるで真夏のようでした。

こちらは館内展示のクラゲ。
腸内まで透き通る体は、なんとも神秘的な色を見せますね[#IMAGE|S1#]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する