新しいもの、古いもの

昨日訪れた「金屋町楽市」ですが、今回の会場で統一感を与えていたのが写真に写っている三角形の集合体。

アルミでできていますが、構成次第でいろんな形に変形可能です。

それぞれの会場に合わせて、ディスプレイに、テーブルに・・・と活躍していました。



こちらはテーブルとイス。

こちらの会場は車庫を間借りしてカフェに変身してました。

ちなみにこのカフェ、「KUMA CAFE」といいまして、建築家「隈研吾」氏の手によるもの。
仕掛け人の一人、伊東順二富山大学教授(長崎県美術館館長)との関わりで実現したものです[#IMAGE|S27#]


先ほどのディスプレーもそうですが、古いまちなみに新しい素材が良くマッチしていますね[#IMAGE|S38#]

ディテールはこんな感じ。

一緒に行った子供たちは、このテーブルよりも奥に見える馬の銅像に興味津々でした[#IMAGE|S37#]

ここ金屋町は前田利長公が高岡開町の礎とした鋳物産業で栄えたところです。
ですから、このような銅像が沢山!
裏通りに行けばパラダイスが。。。

本当に楽しいところですね[#IMAGE|S3#]

コメント

No title

流石は...アルミの街ですね!

ウチの周りではこんなに無造作(?)に置かないよなぁ〜

と思いながら見ています。

で、やっぱり・・・裏通り...ですよねぇ!?

2009/10/27 (Tue) 09:23 | Atelier_TeN #79D/WHSg | URL | 編集
No title

>室長さん

そうですね。ここから某アルミサッシ会社の本社まで数分です。

きっと、そちらの協力で作られたものと勝手に推測しております。



この日は時間の都合で裏通りに通じる路地を中心に眺めておりました(^^

2009/10/27 (Tue) 10:35 | smart-time #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する